M字型の薄毛に効く薄毛対策方法とは?

M字型におでこの生え際が後退してしまうのは、AGAという男性型脱毛症の典型的な症状の一つです。

市販されている育毛剤はたくさんありますが、これらの効果のほとんどは頭皮に張り巡らされている毛細血管の血液の流れを改善し、髪の毛の成長に必要な栄養分が届けられるようにするという、補助的な薄毛対策にしかなっておらず、根本的な解決には至りません。

近頃はAGAの症状を専門に診察してくれるクリニックなどの医療機関が増えてきています。

M字型におでこの生え際が後退してしまう薄毛に一番効果のある対策方法は、このようなAGA専門のクリニックで診察を受けるということになります。

M字型におでこの生え際が後退してしまった患者さんに最も一般的に施される治療方法は、AGA治療薬が処方され、その処方されたAGA治療薬を服用するというものです。

AGAは、男性の身体の発育に欠かせないテストステロンという男性ホルモンが、おでこの生え際の毛穴から分泌されるⅡ型5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって、ジヒドロテストステロンという極端な男性の働きをする悪玉の男性ホルモンに変わってしまうことによって引き起こされます。

AGA治療薬を服用すると、テストステロンがⅡ型5αリダクターゼという酵素を結びつかないように働きかけ、ジヒドロテストステロンが発生するのを防いでくれます。

そのため、AGA治療薬はAGAの原因となる物質が発生するのを直接防いでくれる治療方法なため、M字型におでこの生え際が後退する薄毛に効果的な対策方法であるといえます。

また、AGA専門のクリニックでは、患者さんのAGAの進行具合によってはAGA治療薬の効果を高めるために、頭皮に塗布するタイプの外用薬も加えて処方してくれる場合もあります。

AGAの患者さんを専門に診察しているお医者さんが患者さんの症状に合わせて処方した外用薬なので、市販されている育毛剤よりも効果が期待できることになります。

育毛剤って本当に効くの?育毛剤初心者のための基礎知識

育毛剤は効果が無いという人も多いですが、そんなことはありません。

効きます。

しかし、完全に禿げてしまった後に、いくら育毛剤を頭に噴射しても無駄です。

液が空しくダラダラと垂れるだけで無意味です。

樹木が枯れ果てて何も無くなった砂漠地帯に、どれだけ水をまいても、草木1本生えてくるわけがないのと同じ事で、完全に禿げ上がった頭には無用の長物です。

完全に禿てしまった場合は、カツラをかぶるとか、植毛するとか、いっそキッパリ諦めるとか、別の手段を考えなければいけません。

育毛剤が意味をなすのは禿る前、つまりまだ髪の毛が残っている時です。その時なら効くのです。

育毛剤は、その名の通り、毛髪を育む薬剤なのです。新たな毛髪を生むものではなく、既にあるものを育むものなのです。ここを勘違いしてはいけません。

市販の育毛剤を買ってきて、お風呂上りにでも頭に噴射することをしばらく続けてみましょう。髪の毛が育まれ効くことが実感されます。

具体的にどうなるかというと、髪の毛が太くなります。太くなってコシもでてきます。しかし太くコシのある髪になるのは、育毛剤を使っている時だけです。

使用を止めると、すぐに元通りの自分の実力の毛髪に戻ってしまいます。

ですから、太くてコシのある髪の毛を維持するためには、ずっと薬剤を投与し続けなければなりません。これはなかなか厳しいです。

お金ももちろんかかりますし、また、毎回毎回お風呂上りに薬剤を投与するのは非常に面倒です。

液もダラダラと頭から垂れてきますし、けっこうニオイも強烈だったりしますから、だんだん投与するのが億劫になってきます。

そういう場合は、最近はニオイの優しい育毛剤も出てきましたので、選び方次第で大丈夫です。

ここまでして育毛をする必要があるのだろうかなどと考え始めたら、もう挫折間近です。
いっそ諦めて丸坊主にでもしてしまった方がいいかもしれませんね。

ちなみに、薬剤の投与を止めたり、また始めたりという感じで断続的に行うと、太いところと細いところが入り混じった変な髪の毛になるので注意が必要です。

若はげやAGAのケアについて

薄毛や抜け毛といった若はげの原因となりうるAGAの問題は、見た目にも大きく影響し、仕事にも恋愛にもマイナスの作用をもたらします。 

そのため、早急な対策が必要です。しかし、育毛剤にしてもケアの方法にしても様々なものが出回り、どれを選択するのが良いかわからず、結局、若はげの原因となるAGAの問題に抗えなくなることがあります。 

しかし、たとえ、若はげになったとしてもケアする方法はあります。その代表的なものが、シャンプーをノンシリコンのものに変えるというものです。 

ノンシリコンシャンプーに変えるだけで、毛穴にシャンプーの化学物質が詰まらなくなり、むしろ、毛穴詰まりの皮脂や物質を解消してくれるようになります。 

毛穴の詰まりが解消されれば、それだけで、毛髪が育つ箇所が増え、地肌が露出する面積も少なくなります。 

この他、食事からできるケアというものもあります。例えば、髪の毛の主な成分である良質なタンパク質を摂るというのがそれに該当します。 

良質なタンパク質には納豆や豆腐といった大豆製品の他、枝豆等があり、私達の生活に密着した摂り易い食材でもあるため、これはすぐに実践できるのではないでしょうか。 

この他、髪の毛を育てる成分である亜鉛を多く含む食材を摂るとより効果的です。 

亜鉛を多く含む食材には牡蠣やピーナッツ等があり、大豆製品と一緒に摂ることで、さらなる育毛効果も期待できます。 

また、日常的に帽子やヘルメットをかぶる人は、それによって頭皮が締め付けられ、血流が悪くなるため、薄毛となる可能性もあります。 

そのため、帽子やヘルメットをかぶる時間を少なくしたり、帽子やヘルメットを脱いだ後には血行を良くするための頭皮のマッサージをすると良いでしょう。 

帽子やヘルメットの内側に雑菌が繁殖しないように清潔に保つこともまた大切です。 

若はげのケアにはこの他にも様々なものがありますが、自分に合ったやりやすい方法を見つけ、実践していくことが改善にもつながります。

若はげでM字が気になる方の対策・改善方法とは?

若はげの種類の中にはたくさんのものがあるんです。頭のてっぺんからはげ始めたり、またあるいは額の両サイドからはげ始めたりするものだってあります。 

そしてよく見ると額の生え際がアルファベットのM字を描くように後退してしまうこともあるでしょう。 

これは若はげの中でも男性ホルモンが関係した典型的な症状。AGAという病気が関わっている可能性がとても疑わしいと言えます。というのも額はホルモンの影響が直接的に現れやすい部位だからです。 

それでは、こういったM字タイプの若はげを改善するにはどんな対策方法があるでしょう。 

もしも本当にAGAを発症しているのなら、医療機関を受診して専門の治療を受けることが必要です。 

そこで飲み薬や塗り薬によって症状を改善したり、それ以上若はげが悪化しないように対策を打つことができます。 

まず飲み薬としてはプロペシアという錠剤が一般的ですが、これを服用すると男性ホルモンと頭皮の酵素が反応して特殊な物質を分泌するのをストップさせ、頭髪の成長サイクルを正常化することができるようになります。 

さらに塗り薬タイプのものにはミノキシジルという成分が含まれ、これを薄毛部分に塗ると毛細血管が拡張されて血流と一緒に栄養分もたくさん補充できるようになります。 

こうして毛乳頭がたくさんの栄養を得ることで再び健康的な状態を回復することができるのです。

さらにM字タイプの若はげの発症には、副次的に生活習慣や頭皮の汚れが関わっていることもあります。 

AGAとこれらの生活習慣が合わさってより根深い薄毛をもたらしてしまうケースも多いので、AGA治療と並行して対策を講じておくことが重要なのです。 

まずはストレスや疲労、睡眠不足、食生活の偏り、脂っこいものばかりの摂取、ニコチンやアルコールの過剰摂取などを全て控えた上で、さらに頭皮の毛穴を皮脂やゴミやフケなどが塞いでしまわないように、スカルプシャンプーなどでしっかり洗い落とすことも重要です。 

こういった車輪の両軸が合わさってしっかりと回転することで、M字タイプの若はげも、これ以上悪化しないように対策が講じられ、なおかつ改善していけるでしょう。

育毛剤と育毛サプリの併用について

育毛剤と育毛サプリって、一緒に使ったほうがいいの?

そんな疑問が頭をぐるぐるしてました。

それで、結局試さないと分からないと思い、自分で試しました。

その結果は

育毛剤と育毛サプリの併用はどうなの?

薄毛の進行が早いと感じたら、育毛剤と育毛サプリの併用をおすすめします。 

自己流の薄毛対策としては理想的であり、これで改善しない場合はサロンや医療機関に行くしかない、と言えるかもしれません。 

育毛剤と育毛サプリ併用の効果は

育毛剤の効果

育毛剤は頭皮状態を整える育毛グッズで、保湿をしながら栄養を与えてくれるのです。 

男女別に商品が分けられているので、性別に合ったものを使用しましょう。 

男女共用タイプもありますが、男性は男性用、女性は女性用を使用したほうが効果的です。 

性別を問わずに使用できるものは、性質が中立的になっています。 

そもそも男女の頭皮は性質が異なり、男性はオイリー、女性は乾燥の傾向があります。 

また肌質は女性のほうが敏感なことが多いため、男性用の育毛剤を使用すると肌荒れを起こすことがあるのです。 

育毛サプリの効果

育毛サプリに関しては男女共用タイプが主流であり、いずれも髪の栄養素を補給できる内容となっています。 

亜鉛を含有したサプリが多いですが、これはタンパク質の合成をしっかりと行うためです。 

髪の原料であるケラチンを生成することが、育毛のために欠かせないのです。 

育毛シャンプーも?

育毛剤を使用する方は、シャンプーも育毛用にするべきでしょう。 

頭皮には少量の皮脂が浮いている状態が好ましく、これはシャンプーの洗浄力で調整できます。 

強力なシャンプーは皮脂をすっかりと落としてしまい、乾燥から抜け毛を増やすことがあるので注意が必要です。 

育毛シャンプーの洗浄力は高くはありませんが、肌に刺激を与えないので安全性が高いです。 

洗浄力の弱さは二度洗いでカバーできるのでまったく問題ありません。 

育毛サプリの注意点

育毛サプリは食生活における栄養不足をカバーするものであり、決してメインに考えてはいけません。 

育毛サプリを飲みつつ不規則な食生活を続けているようでは意味がありませんからね。 

精力剤と呼ばれるものはスタミナ系成分を多く含んでおり、育毛サプリの代用として使えるものが多いです。 

亜鉛、マカ、にんにく、すっぽんなど、髪によい成分がたっぷりと含まれています。

育毛剤と育毛サプリで何がいいの?

育毛剤そのもので、効果を含めて口コミなどではイクオスが人気のようです。

このイクオスは育毛サプリも作っていて、購入条件によってはサプリを無料でプレゼントしているようです。

そういうお得なものは有効に活用したほうがいいかもしれません。

イクオスについて詳しくチェックするにはこちらが良いかもしれません。

>>イクオスの効果などについて